スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年05月15日

念願パッチちゃん

更新、どれくらい空いたんだろ…
サボっていたわけじゃないんだよ、めんどくさかっただけなんだよ。

久しぶりの更新も、あいかわらずの物欲日記ですぞ。
何年か前に「ほしいな~」っておもって
さらに何年か後に「あ、ほしいな~」とおもっていて
最近も「ほしいにゃあ」とおもっていて
ようやく、購入いたしました。
ここまでいけば念願って言ってもいいんじゃないかしら。ま、さっさと買わなかっただけですネ(ヤフオクとかによくあるし)。
ミルフリークスさんからご丁寧な対応をいただき、ホントありがとございます。

その購入ブツは、コチラ。

いわゆる「レイダースパッチ」と呼ばれているパッチですかね?


泣く子も黙るMARSOCがつけているのが確認できますね。
マリーンレイダースってことですね。
あい。


ほかにも購入させていただきました。
これをバラバラに紹介すれば、数日間保つぞ  

Posted by ダイゴロー at 19:21Comments(4)雑記

2014年08月21日

夜戦にむけて

※夜間(夜戦 フィールド貸切)の送迎は行っておりません
なななななななに~~!?
ってことで、セレブっぽくタクシーで参上するぜコンバンハ!

そんなわけで、夜戦貸し切りに向けて準備中です。
たいしたことしていませんが…。

そもそも、マウントできるようなフラッシュライトを持っていなかった自分。
じゃあどうする? 買う? ってことで、考えてみました。
そういえば「夜戦童貞だわ…どうしよ…」と思っていましたけど、インドア夜戦を体験したことありました。
レポにしていなかったんですね~そりゃ忘れるわキャハッ★

その経験を踏まえて、僕の脳内ガイジンが言います。
「ライトは武器としては便利だが、必須じゃねえんだぜHAHAHAHAHA!!!」

相手の視界を奪う、ライトにより相手の行動を制限する…などなど使い道は多彩ですが「僕はここです!!」って大声を放ってしまうライトは、たしかに必須じゃなくて、あると行動の幅が広がる道具ということだと思っております。

ので、安いライトをひとまず購入してみました。
電池買うの忘れて、まだなにもできていないがね、HAHAHAHAHAHA!
ちーん。

まあ、それは置いといて。
ミリフォトの登場です。たぶん、MARSOCだと思います。僕はMARSOCならぬMARUSOCを目指します!
というわけで、さきっぽをご覧ください。

さきっぽだけだよ、さきっぽだけだからね…
ライトを、黒いタイラップでさらに固定しているんですねえ!

こりゃいいなあ! こういう安上がりな小道具はぜひ採用! ああ、いいねえキミ! 採用だよ!
もしかしたらタイラップじゃないかもしれないけど、違ってもいいんだよ、ああ、いいんだよキミィ!

…………。
近くのダ●ソーいったら、透明の結束バンドしかありませんでした!
ちーん。

あいかわらず中途半端でまだまだな記事ですが、だって1ヶ月放置すると広告でてくるの、くやしいんだもん…(まんまと…)

あ、塗る準備もしていますよ

いつになるかなー
  

Posted by ダイゴロー at 15:46Comments(6)雑記

2014年07月18日

週末天気予報とか

20日(日)は、久しぶりに群馬のフィールドにお邪魔します!
森林フィールドで、太陽のめぐみをたっぷり浴びて、少年のように元気に楽しみたいと思います!!



?!あ”あ”!?!?!


…大逆転は、ないのでしょうか…。



おまけ
★最近のドジっ子アピール★
・電動用マガジンと、ガスブロ用マガジンを間違えて購入しちゃいました☆
もう、わたしったらドジっ子なんだから~~~~てへっ☆(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ああああああああああああああああああ  

Posted by ダイゴロー at 10:22Comments(6)雑記

2014年07月12日

俺のマグナムが火を噴くぜ的な

本日お届けするのは、やはりこちらのGIFアニメ




近状。
2週間連続でサバゲーできそう? で、びっくり
連続で森フィールド、さらにダブルびっくり  

Posted by ダイゴロー at 23:47Comments(2)雑記

2014年06月26日

分解アルティマニア

アルティマニアシリーズが始まる前は、解体真書でしたよね。

というわけで、トイガン解体新書2014です。



以前の解体新書を買おうと思っていたら、ネット上では値段が高騰しまくり…すっかりプレミアの判を押されてしまい「買いたい解体買いたい解体買いたい解体…」と眺めていた日々よさようなら!
いつのまにか2014年度版として新発売です! 
いつのまにかなのは、僕がアームズマガジンを買っていないからに違いありません…

よく言われることに「ネット上で解説してくださっている方のご好意で十分」やら「動画のほうが完璧」ということがございます。
ぶっちゃけると、それでいいと思っています。
特に、動画で工程を実際に追えるアドバンテージにかなう指南はございません。メカボとか特に。

え? 実際に目の前で工程を見せてもらうっていうご好意はどうかって?
そんなチャンスねえよ(白目)


ってことですが、紙面って動画やブラウザ上と比べて「どちらがいい」じゃなくて、どれも独自性がすっかり分かれていると思うんですよね。
紙面で確認する際は、情報を見るリズムとか範囲がもっと開放的というか、自由というか…
視界に入ってくるのが楽なんですよね。スマホとも違いますし、タブレットともまた違う。
説明しづらいというよりも、説明する気がないという
僕は書籍も好きです! 以上!



そういうわけで読み込んでみて、さらに動画もみたりネット上の生情報もたくさん参考にして、解体屋を目指します。
ぶっこわし屋は卒業です。
しばらくは、寝る前あたりにだらだら眺めて「ほへー」と思う日々が続くことでしょう。
ほへー


んで、いつ、なにを解体するんだ?
ええと、今世紀中には…  

Posted by ダイゴロー at 02:07Comments(3)雑記

2014年06月24日

夏だ! トロピカルだ! マルチカムだ!(購入検討編)

チェストリグが欲しくなりました。
それもマルチカム希望。

▼検討その1:RAG industries「Micro Chest



いわゆる香港マニアオリジナル商品。

軽い。
安い。
軽い。
の3拍子(?)そろったアイテム。
逆にその身軽さが、コマ数の制限を生んでいるため、「これでいいのか足りるのか」という葛藤を生む。
マイクロの名前を体現するかのように、マイクロビキニを着ている気持ちになれるとかなれないとか。



▼検討その2: HSGI「AO スモール・チェストリグ


亀甲縛りだいすきTACOポーチのメーカーとアウトドア・・・なんだっけ、どこかとコラボした小型チェストリグ。

品質・値段・拡張性のバランスがいい気がしないでもなくもない。
弱点は、入荷がよくわかりません。あったりなかったり。
実のところ、もう1年以上前から「あ~ これ欲しいな~」と思っていたのに未だに購入に至っていない。なにか邪念のようなものを感じ取っているのだろうか…懸念点である。



▼検討その3:High Ground Gear「THE Chest Rig


“ザ”である。自信まんまんの「決定版だぜ?」という風格を出している。
見た目は奇抜だけど…。

ブルーフォースギアのあのスカスカチェストリグを彷彿とさせる風貌ながら、個人的にはコチラをチョイス。
理由はこれ、マルチカムとコヨーテブラウンのリバーシブルなのです!
一番値段が高いながら、2度美味しいギミックが仕込まれた憎いやつ。AOチェストリグ2色買えば値段いっしょくらいじゃん。
難点は、この商品写真と実物は結構「違う」というウワサ…。えぇ、本当かい!?


次回、購入レビュー編へ…続くのかよくわかんない。  

Posted by ダイゴロー at 19:12Comments(3)雑記

2014年06月11日

息継ぎ

_____________
    <○√
     ∥ 
     くく

しまった! このままでは上部に「一ヶ月更新がないブログには広告が表示されます」が現れてしまう!
俺が食い止めているうちに! はやく更新するんだ!



もぐり続けると大変なので、息継ぎ更新。
サバゲー予定がガタガタなので、ブログ更新すると、ゲームやりたくなっちゃうんですよね。
意識しちゃうの…。
最近は、ツイッターで短文つぶやいていることも多くなりました。


:もはやガタガタで妄言とも言える今後の予定

7月27日(日)>どこか近場で定例会参加予定
9月(だったと思う)>スニッカーズ様ゲーム

あとはわかりません!



おまけ劇場★今日の威力偵察


あー、暑くなってきましたね


さあ、おいで・・・もっと森の奥へ・・・

あはは、あはは、あはははは・・・  

Posted by ダイゴロー at 14:45Comments(0)雑記

2014年05月20日

【アニメネタ】さて、GBBのM4を買おう



衝撃の事実!( ・`ω・´)

東京マルイ ガスM4だす! とてもうれしい!

即、予約! 即、財布ピンチ!

見た目の出来、わからない、関係ない、撃てる、たのしい!

マガジン手に入る! とっても重要!

待ち遠しい、わくわく!

内部わからない、外装わかる!

どれ選ぶか迷う!


米軍アクセサリキット! 参考になる!

でも軍隊ちがう、選ぶの自由!

写真、たくさんみる!






ミリフォト、エアソフター、映画、なんでもござれ!

どれがなにか、わからない!

大丈夫! ただの参考、問題ない!

迷う! 迷う!

※このエントリーは棺姫のチャイカではなく、「オレ、オマエ、トモダチ」キャラになってしもうた

『棺姫のチャイカ』(ひつぎのチャイカ)は、榊一郎による日本のライトノベル。イラストはなまにくATKが担当している


とらのあな全巻連動特典


【全巻購入抽選特典】:立体化 機杖(ガンド)がつきます。

ほ、ほしい…  

Posted by ダイゴロー at 23:42Comments(4)雑記

2014年04月10日

あなたは“誰か”になれる

はーい、マッスル~(挨拶)
みんな、今日も筋肉肥大化しているかな?
僕は、今日もぷにぷにだよ!

小さい頃、みんなは「●●になりたい!」と、自己投影したことはあるかな?
ミリタリー映画や、ミリフォトをみて「この格好をしたい!」「この銃が欲しい!」っていうのも、ある意味「誰かになりたい」っていう願望だよね。

じゃあ、ここで筋肉から「●●になりたい!」をかなえてみようか?
みんな、レッツワークアウト!

まずはコレ。「アイアンマン」!!

アイアンマンマスクが流行っている(いた)と思いますが、ボディも社長にならないとね!
経済力も手に入れたい? (ヾノ・∀・`)ムリムリ


お次はコチラ。「ハンガーゲーム」参加者向けのワークさ。
勝ち抜くためには、トレーニング! トレーニング! あと投げナイフ!

HAHAHA、こんなブログをみちゃっているような良い子のみんなは、ハンガーゲームに選ばれるような歳じゃないだろうけどね!


帝国軍」のアナタはコチラ。ヤラレ役かもしれないけど、日々こんなトレーニングを積んでいるわけだね!

ちなみにジュダイトレーニングもあるけど暗黒面に堕ちている人ばかりだと思うから、紹介はしないよ!


日々は戦いじゃない? なんて「文化人」なアナタには、このトレーニングだね。

カラダ全体で、折り紙文化を紹介してくれよな!


トラブルに自然と巻き込まれてしまう体質のアナタは、こちらの「警部」候補だね!

HAGEになっちゃうのが難点だがね!


ま、僕は今日もこれです。戦えサラリーマン!

ぷにぷにだけどね!


ネタ多すぎで扱いきれないので、あとは各自、好みのエクササイズを見つけてくれ!
See you!
引用:http://neilarey.com/workouts.html  

Posted by ダイゴロー at 11:06Comments(2)雑記

2014年04月09日

MARSOCちゃんの今日のワンポイント



秋に、元MARSOC隊員の著書「LEVEL ZERO HEROS」が出版されますが、公式フェイスブックにはさまざまな写真が公開されていますよね。
ので、だらだら見ていました。
写真を探してみているときは、大体、電車が遅れているときです。今日も遅れました。

こちらの一枚。

よくある(?)風景ですね。

しかし、彼らは一味違う。今日のワンポイント。

ここです。

そう、ここです。


このテープの貼り方、よくない?


え、どーでもいいですか? あ、はい…。

写真をみると、いろいろ見る場所がありますね。のーみそこねこねです。
というか、LEVEL ZERO HEROSのパッチ欲しい…。

  

Posted by ダイゴロー at 10:35Comments(0)雑記

2014年04月05日

近代の楽隊

もちろん、高尚な考証エントリーではございません。

サバゲー日和なのにサバゲーいけないと、つい写真を探してしまいます。
僕が写真をついつい保存する条件のひとつに「楽器が写っている」っていうのがあります。
戦場楽器フェチです。
古来より楽器は、戦場での重要な要素を担っていました。詳しくはココでは語りません(語れません)。

僕が保存した最新の楽器画像がコチラ。

アコーディオン!?
エアソフターの方々なのかな…MARSOCの画像さがしていたんだけどな…
でもかっこういいから真似しちゃおうっと。アコーディオン以外。

古来より吹奏は多いですけど、目を瞠るのは「弦楽器」ですかね~
僕がすきなのが弦楽器だからかもしれません。


「みんな心はひとつ!」的な、ハッピーエンド情景。たぶん違う。


彼は、何者なんだ…。


やっぱコレかな~~…
『デスペラード』(Desperado)は、1995年制作のアメリカ映画。ロバート・ロドリゲスのマリアッチ3部作の二作目。wikipedia

  

Posted by ダイゴロー at 01:00Comments(2)雑記

2014年04月02日

週課のたのしみ

日課に対応して、週課という言葉は存在するのだろうか…?
しばらく、またサバゲーするまで期間が開きそうなので、ここはいろいろ蓄えねばなりません。

某ミリフォトフォーラムの「This Week's Photos」のトピックスが好きです。
僕自身の英語能力がダメなのと、フォーラムの検索機能がイマイチ使いこなせず、能動的より受動的なのが楽だからに違いありません。

今週のフォトから、ちょっとだけ…。

肩にBOPEって書いてあったので、たぶんBOPEなんでしょう。
FAL持っている写真とか、渋いです。
特殊警察作戦大隊(とくしゅけいさつさくせんだいたい、ポルトガル語: Batalhão de Operações Policiais Especiais)は、ブラジルリオデジャネイロ州の軍警察に所属する特殊部隊であり、頭文字を取って「BOPE」とも呼ばれる。wikipedia


おフランスの訓練模様。
そろそろ、僕も汚い(ほめ言葉)銃を持とうかな!

とまあ、広く浅く、無作為に情報を得るには、こういうトピックスはオススメです。
本当は、自分の狙った知識を深く見ていったほうが得るものも多いと思いますが…そのうち、いつのまにかこういう浅い知識と知識がつながっていくものです。

たぶん。  

Posted by ダイゴロー at 11:38Comments(2)雑記

2014年03月25日

コンエアースタイル

映画ネタが続いておりますが、そんなに映画みる人間ではないのです…。
たまたま映画鑑賞していたら、このスタイルかっちょよくない!? と、勝手にご紹介。

「コンエアー」
『コン・エアー』は1997年に公開されたアメリカ映画。タイトル「コン・エアー」は、実在するアメリカ連邦保安局の空輸隊の名称で、出廷、医療緊急事態、囚人輸送などを行っている。本作では、凶悪犯を護送する情況をリアルに再現している。
ウィキペディア。


こちらのシーン。

囚人を引き渡したりする、護送官みたいな?
現場では砂嵐がひどく、フードをかぶりゴーグルをするその姿…
まさにサバゲー向き!?




ゴーグルつけてこのお姿…かっちょええですわあ

問題点。
こんなにも砂嵐が吹き荒れていたら、サバゲーどころじゃないでんがな。  

Posted by ダイゴロー at 23:52Comments(2)雑記

2014年03月24日

映画「図書館戦争」をみたので苦言をはいてみた



「図書館戦争」
舞台は2019年の架空日本となる。高校3年生の時出会った一人の図書隊員に憧れて図書隊入隊を志した少女・笠原郁。ストーリーはそのまっすぐな成長と恋を追うとともに、メディアの自由を巡る人々の戦いを描く。
by wikipedia

メディア良化法という法律が施行された架空の日本で、メディアのうち「本」に注目したおはなし。
健全な図書というガイドラインに則っていない本はすべて処分されてしまうのですが、図書館だけは「図書館の自由を守る宣言」に則って、本を保護し、対抗していくという感じです。
いろいろあって、検閲する「メディア良化隊」と図書館側の「図書隊」が戦ったりします。

僕は小説は読んでいません。アニメは見ていました。
ファンが多い作品ですので、個人ブログとしてでもこう発信してしまうのはどうなのかと思いますが…
ぶっちゃけると、そんな好きじゃありません…

小説では説明されているのかもしれませんが、アニメや映画では語られていない部分や疑問点が多すぎて、どうしても割り切れずに作品の設定に説得力がないからです。

・実銃が採用されている流れが理解できない。
・少なくとも、図書隊は威嚇射撃だけということだけど、実弾使っている以上無理があるのでは…(火薬量へらしているのか?)
・前線ではやっぱりそんなこと言っていられずに短機関銃でバラまきまくりだし(ここらへんは、現場と建前の違いがあるのかもしれませんが)
・図書隊は基本的に防衛戦。対暴動鎮圧用の装備のほうがいいのでは(ゴム弾、放水、催涙、スタンなど…)

・作中、よく本屋が強制検閲にあっているが、ひとまず出版する前段階で検閲しろよ!
・つまりは、強制的に出版していく「武装出版社・武装印刷所」がまかり通っているのだろうか?
・本屋は反社会的なお店なわけで、検閲後に「いやーダメージ大きいですよー」で終わっちゃうような規模には見えないんだが、営業できんの?(本の単価があがり、一冊6000円とか途中のニュース映像があったそこらへんの関係…?)
・図書館ではその反社会的な本が読めちゃうし借りられちゃうわけなんですが、市民同士でなにかいざこざとかないんだろうか。
・メディア良化法自体には、国民は冷めている…?


あえてすべて語ったりあきらかにするようなストーリー展開ではないのですが、どうしてもここらへんの説得力が弱くて話に集中できないんですよね。
小説だと、流れに勢いがあるんでいいんでしょうけど、映像化されたときにここらへんがひっかかっちゃっている感じが…

ま、逆に無茶な設定のおかげで、日本人が銃をバリバリ射撃している映像が見られたわけです。
9mm機関けん銃と89式がこんなに活躍する映画も珍しいと思います。


9mm機関けん銃ばっかりだった…


89式かっちょええ!


図書館の敷地内での戦闘後は、薬きょう拾い…


良化隊は、占拠しにやってくるんで、盾まみれ


MP5です。

そんなかんじでした。あい。
苦言はありますが、岡田っちのCQBシーンはかなりがんばっていたと思います。
映画としての出来は、悪くないと思っています。映画の尺に、ちゃんとストーリーをコンパクトに収めています。
あとは…物語に納得できるかどうか、ぜひ見てみてください。  

Posted by ダイゴロー at 01:40Comments(2)雑記

2014年03月10日

お座敷プレイ新章

そういえば。
振り返ること3月2日のことですが…新フィールド「アサルト
もう、久しぶりのサバゲーなので、元気に出陣でき……ませんでした!!
だって、家の周りは絶賛雨降り中だったから…
不安定な天気でしたね。

というわけで、天候に左右される趣味だからこそ、

お座敷プレイの新章、はじまりました。
コイツは、育ちます。
開けたり閉めたりくっつけたり泣いたり笑ったりすると、成長するのです。

栽培方法
トルクスレンチで水を与えつづけると…


こんな風に


あるいはこんな風に


はたまたこんな風に

育つかも!!
たのしみだなあ。



水=金と時間  

Posted by ダイゴロー at 17:39Comments(4)雑記

2014年03月10日

映画「レッド・ドーン」…レジスタンスではなくてゲリラどす


赤い夜明けをみました。
『レッド・ドーン』(Red Dawn)は、ダン・ブラッドリー(英語版)監督による2012年のアメリカ合衆国の戦争映画である。1984年の映画『若き勇者たち』のリメイク...byWIKIPEDIA

あらすじを書くと「アメリカが北朝鮮に侵略されました。立ち向かえ若者たち!」って感じでしょうか。
終始「ええええええそれでいいの!?」が目立ちましたが、まあいいんです。レンタルだし。

※以下、場面ごとのカットがあり、多少の気になったシーンのネタバレがあります。ストーリー解説はしていないです。
今後、ご視聴なさる方はお気をつけを。












個人的にアメフトシーンからはじまる映画は名作という法則があったのですが、崩れました。


すげえ落下傘です。バラバラ降ってきます。アメリカにいきなり侵攻してくる北朝鮮軍。日常が崩壊するシーンは、ちょっと怖い。


反逆する若者たちの訓練シーン。武器が足らずに、エア訓練。


ウォーターガンかっくいー


AK系統が多かったです。


主人公がもっているAKがタクティカル仕様でよろしい。タクティコーな活用はされていませんでしたが…。


海兵隊は、けっこーオーソドックス。ホロサイトの「当たるぜ」という安心感は異常。

別にトンデモ設定はどうでもいいんですが、個人的には「実際にアメリカが占拠され、軍も政府も機能しなくなった場合、街ではどのようなレジスタンス活動ができ、そして立ち向かえるのか」という話にもっと焦点をあてたほうが面白かったような…
占領された街で虐げられる一市民(主人公)が、やがてレジスタンスに声をかけられ…みたいな?
山篭りばっかりなので、占領の実態がイマイチで、とても狭い話だったのが残念でした。
アイデアは荒唐無稽ですが、「IF」の話はいつも面白いものです。



ちなみに。

日本アカデミー賞を受賞ということで、積みDVDから引っ張り出してきた「舟を編む」がおもしろかったです。
しんみり。  

Posted by ダイゴロー at 00:27Comments(0)雑記

2014年02月22日

早起きこそ、我が命題



僕は、早起きが嫌いです。
苦手じゃなくて、嫌いです。

だって、寝たいんだもん!!!!
僕の環境では、サバゲーはフィールドへの移動距離が長く、どうしても参加のためには早起きが必要です。
ここで頼るのは、文明機器です。


「Sleep Cycle alarm clock」iTunesへ
(現在価格100円 iOS 5.0以降)
スッキリ目覚めを簡単に。
眠りが浅くなったら優しく、気持ちよく起こしてくれるーSleep Cycleは睡眠を分析して快適で自然な目覚めを実現します。


モニタを布団側に押し付けて寝ると、布が動いたかどうかやら音やらよくわかりませんがいろいろキャッチして、レム睡眠とノンレム睡眠を分析してくれます。
んで、起きやすいタイミングの際に、アラームを鳴らしてくれます。

6時半にセットすると、だいたい6時15分くらいに起こされますが、なかなか快適におきられます。やさしいアラームなのに、なぜか起きられます。
睡眠障害などを引き起こすかも? みたいな話をちょっとお聞きしましたが…まあ、どうなんでしょ。


分析してくれちゃうのは、なかなか楽しいです。
精度は、イマイチわかりません…。

オススメのアプリあったら、おせーてくださいましまし。

んで。
こういう目覚まし時計も楽しいなー的なのが、この時限爆弾風の目覚まし。


コードのうち、どれかがアラーム解除なんですが…これ、実際に切断するんですよね。
再利用は、新しいコードをネジ止めする感じっぽいです。


(※めっちゃうるさいです、音量注意)



うーん、簡単な電子工作なのでしょうけど、色をどれかに設定できないかなあ…
そうしたら、FPSによくある爆破工作のゲームができそうなんですが…正解を尋問したりとか。
こういう製品はランダムが多いのが残念です。僕は朝も弱いが、機械にも弱い!!!  

Posted by ダイゴロー at 01:23Comments(6)雑記

2014年02月12日

ぶつよく日記(本体ver.)

─────力が欲しいか

あ、はい、欲しいです!!

装備品を整えるだけがエアソフトじゃない!
本人自体の鍛錬も、またエアソフトなのである。
僕は、以下の能力がほしいです。
ください。

「晴れ男の能力」

雨女(あめおんな)とは、雨を呼ぶとされる日本の妖怪。また、その行動が雨を呼ぶかのように思える女性もこう呼ぶ。byウィキペディア
これが転じたのか!?(ちょっと違う気もする…)

先週末:大雪
今週末:雨あるいは雪?
(#^ω^)

人数制限が行われないインドアは、カオス空間になるのであんまり行きたくないモードです。
すなおに提督しときます。提督デビューしました。


「歯を守る物理的な力」
歯は大事です。
歯は再生しないという、当たり前な事実を再認識し、改めて大事にしないといかんと思いました。
人間ってば、腕は再生しないし、血を吸ってパワーアップしないし、ビルの屋上から着地して無事では済みません。
そして、歯も再生しないのです。

某歯医者様にて、マウスピースを作ろうと思っています。
ゲームのしやすさと歯の大事さをちゃんと天秤にかけて、いろんな選択肢を持とうと思います…。

ちなみに作成お願いしようと連絡し、ようやく予定がどうにかなりそうで予約をいれようと思った矢先に、歯が痛く・・・なり・・・
これは、治療しないといかん予感です・・・。検診は半年ずつくらいにやっているよ! いるよ!
タイミングがいいのか悪いのか(マウスピースをつくるには、やはり歯は完全に治療済みが望ましい)


「銃を構え続ける能力」

「腕をさげたらもう1往復!!」で有名な、銃をかかげたまま走る訓練のアレ。アレって大事なんだなあ。
実際にプレイする距離って、もうほとんどずっと構え続けていてイイ交戦距離じゃありませんか。そうですよね。
たぶん僕ってば、おおよそのゲーム時間15分中28秒くらいしか構えていません。

だって、スプーン以上に重いもの、持ったことないんだもん☆(きゃるん)

「遠出する能力」
ぼく、ちばのふぃーるどにいきたいなあ!
(いきます)  

Posted by ダイゴロー at 12:23Comments(5)雑記

2014年02月01日

「ザ・レイド」殴って殴って恋して殴って

12人の怒れる男(リメイク版)をレンタルした際に、収録されていた予告で「お、これ面白いのかな~?」と気になったコチラの映画。
ミリブロ内問わず、とっくの昔にちゃんと話題になっていたのですね。。。
いいんです、このブログは過去を蒸し返す掘り起こすブログでいいんです!


「ザ・レイド」
『ザ・レイド』(The Raid)は、ギャレス・エヴァンス(英語版)監督・脚本、イコ・ウワイス(英語版)主演による2011年のインドネシアの格闘技アクション映画である。麻薬王が支配する高層ビルを舞台に、強制捜査に入ったSWAT部隊と、迎え撃つギャングたちとの戦いを描く。(wikipedia)

インドネシア映画、はじめてみましたよ…。
麻薬王の手下めっさ多いVS20人のSWATという構図で、もうぐっちゃぐちゃのどろどろのひたすらのアクション映画です。
30階もの高層ビルに20人ぽっちでいいの!? と思ったら、そこらへんはちゃんと理由がある。
ストーリーはどうでもいいレベルですけど、そういう細かい設定がストーリーに反映されていると、好感度アップですな!


警察機関の銃は渋い!
このシンプル構成は、いい感じです。


ぐんぐん潜入するわけなんですが…こんなシーンはすぐ終了!


もう、途中から加速度的に接近戦! ハイスピード!
銃が格闘戦の延長なんですよね。殴り倒してヘッドショットでとどめ!


右側の敵、マッドドッグがマジキチレベルの格闘アホ(ほめ言葉)

ナイフ格闘なんてまったく詳しくないんですが、とても美しい。
それがこの映画で使われている東南アジア武術「シラット」のせいなのかはさっぱりわかりませんが、殴る蹴る斬るがすべて同一線上の「相手を倒す」手段にあるのは、アクション映画としてとても映えるものですね。
ナイフが最上位の攻撃方法じゃないんだ!(書いていてよくわからなくなってきた)

まあ、こんだけ殴られていたら絶対死んでいるのにピンピンしているのは、びびりますが…細かい部分は気にしない!
椅子は座るものじゃなくて殴りつけるもの! 壁は相手をたたきつけるもの! そんな映画をお求めなら、ぜひインドネシア映画もよろしくおねがいします。

ちなみに格闘シーンのキャプチャがないのは、動きがはやすぎて、僕がシーンをカットしてもぜんぜん躍動感がないキャプチャになっちゃうからです。
2も楽しみにしています!


たまに「予告編が最高で、本編はそれほど…」っていう情けない映画がありますが、これは予告編ぜんぜんセーブされてますね。見るとわかるんですが、こんなもん序の口だぜ…  

Posted by ダイゴロー at 09:43Comments(8)雑記

2014年01月23日

Dは発音しない

TSUTAYAにしかレンタルの取り扱いがない→うちの周辺はGEO支配勢力下→もう買うしかないか


ハー、銃撃戦がしびれるんじゃ~~
ジャンゴ 繋がれざる者
『イングロリアス・バスターズ』などの異才クエンティン・タランティーノ監督が、前作からおよそ3年ぶりに放つ骨太のアクション大作。19世紀中期のアメリカ南部を舞台に、かつて奴隷だった男の妻奪回のし烈な闘いを描き出す。
長尺なので、三日間くらいに分けてみました。


クリストフ・ヴァルツの演技が好きなんじゃ~


というわけで、ウィンチェスター引っ張り出して愛でてますぐへへへ


レオ様も、怪演でした。  

Posted by ダイゴロー at 00:57Comments(2)雑記